海外へ単身赴任が決まった夫は妻の希美に父・透と暮らすようにすすめる。透は妻に先立たれてから元気がなかったが美しい希美の姿に元気を取り戻していった。特に、希美の品がありながら女の色気が漂う唇…。そして、見るだけでは気持ちが抑えられなくなった透は眠る希美の唇にそっと唇を重ねるのだった。それから、すっかり希美の虜になった透は、息子が傍にいるにも関わらず、希美の肉体と唇を奪うようになり…。


WEB SERVICE BY DMM.R18