夫の優しさが嫌いなわけではありません。それ以上に好きなものが出来たような気がしたのです。それは男の力強さなのだと思いました。そして、7日目の夜…不幸は突然やってきました。その日から沢木さんは毎日やって来ては、私を弄びました。夫が居ない間に夫の上司が家に上がり込む異様な光景を、夫に話せるはずがありません。夫に嘘をつく事で、私はさらに汚れていきました。そんな沢木さんの力強さは夫にないものでした。


WEB SERVICE BY DMM.com